オフグリッド BESS(Battery Energy Storage System) ~960kwh

オフグリッドシステム

オフグリッドシステム

オフグリッドシステム

オフグリッドとは

オフグリッドとは電力会社の送電、配電系統から独立した電源を持ち、構内電気設備に安定供給するシステムです。高い電源品質で常時無停電電源化することが可能で、長時間に渡る停電対策としても有効な技術です。主電源に太陽光発電およびバッテリーを用いることで発電機の燃料切れや故障リスクの低減にも効果的です。
オフグリッドシステムとは完全自家消費型太陽光発電システムです。
電力基本料金を削減するとともに、温室効果ガス排出総量削減が可能な、持続可能性の高いシステムです。

BESS(Battery Energy Storage System)とは

再生可能エネルギーの電力を安定的に供給することは、現代社会において大きな課題となっています。
再生可能エネルギーは、風力や太陽光などの自然エネルギーによって発電されるため、天候や気象条件に大きく左右されます。
そのため、供給が不安定になりがちで、需要に対して十分な電力を供給することが難しいといわれていました。

太陽光発電の普及に伴い再エネ電力のDurability=耐久性を克服するソリューション。
この課題に対しての答えのひとつとして
バッテリーに安定的に電力を蓄え、再生可能エネルギーの供給不足や過剰にゼロ秒で対応するシステムをインテグレ―トしました。
ON/OFF Gridを無瞬停で自動的に切り替えるBESS(Battery Energy Storage System)です。
オフグリッド技術がグリッドに接続することで安定的な供給が可能になり、より持続可能な社会の実現につながることが期待されています。

 

税効果

中小企業等経営強化法の経営力向上設備等及び先端設備等に係る生産性向上要件証明書の発行(※工業会証明書)が可能です。

政策や地政学的
リスク回避に

長時間停電対策に有効な常用無停電電源として。非常時のみならず平時も高品質な電源安定供給。原油価格高騰や再生可能エネルギー発電促進賦課金などによる電力コスト上昇リスクに効果的です。

BCP対応に

災害時や緊急時にも安定した電力を供給するため、事業継続性の確保が期待でき、持続可能な企業のエネルギー調達計画に貢献します。

省エネ法対策に

発電した電気をそのまま自社で活用することで、一次エネルギー量とCO2排出量を削減します。

オフグリッドシステムによる電力料金削減効果

電気料金の仕組みと削減項目

電気料金の仕組みと削減項目

オフグリッドBESS概要図

オフグリッドBESS概要図

2023年12月発売 RESERVOIR Battery Energy Storage System

 完全自己消費型オフグリッドシステム

  本件に関するお問い合わせ先
    慧通信技術工業株式会社 本社営業部

ページトップへ