慧通信技術工業からのお知らせ

プレスリリース 報道関係者各位

72時間以上バックアップ可能なバッテリーエネルギー貯蔵システム(BESS)「RESERVOIR」発売


2010年、日本初のオフグリッド電源システムを開発した慧通信技術工業は普及する太陽光発電などの再生可能エネルギーの出力変動の課題、Durability=耐久性を克服するソリューションとして2023年12月8日からBattrery Energy Storage System 「RESERVOIR」を発売する。

RESERVOIR BESS(Battery Energy Storage System)12kwh~960kwh

ON Grid/OFF Gridをゼロ秒で自動的に切り替えるBESS(Battery Energy Storage System)
RESERVOIRはバッテリーに安定的に電力を蓄え、再生可能エネルギーの供給不足や過剰にゼロ秒で対応するシステムです。
オフグリッド技術がグリッドに接続することで安定的な供給が可能になり、より持続可能な社会の実現につながることが期待されています。

 本件に関するお問い合わせ先
    慧通信技術工業株式会社 本社営業部
   

ページトップへ